医師としてのキャリアを「一本道」と考えていると危険であると思う理由【医師転職】

スポンサーリンク

私自身、初期研修を終えた頃には「専門医資格を取得し、開業する」ということだけを考えていました。それ以外の道はなく、まさしく医師としてのキャリアを「一本道」として捉えていたのだと思います。

ですが、後期研修中に不眠症状に悩まされるようになり、結局のところ研修先の病院を退職しました。その後は臨床から離れ、産業医になったわけですが、かなりそこで道は大きく変わったわけですね。

実際、一本道ではなく分岐した道を歩んでみてどうかと問われれば、私としては満足のいく結果になっていると現段階では思っています。

ただ、逆に初期研修を終えた頃、「産業医しかない!」と思っていたとすると、それはまた息苦しさを感じ、「やっぱり臨床もいいかも」と、内科医から転科したり、専攻医になることを選んだかもしれません。

そもそも人は年齢・経験・出会いなどによっても考え方が変わっていく生き物であると思いますので、その時点での考え方で人生を決めてしまいますと、後々に考えが変わった時に違和感や後悔を感じるかもしれません。

ですので、ある程度、キャリアという道を進みながらも、自分の立ち位置を俯瞰で見て、「別の道を進んでみようかな」と分岐した道を選択することもよろしいのではないかと思います。

ただ、自分一人ですとなかなか転職、転科、はたまた産業医の道を選ぶといったことをするのになかなか一歩踏み出すことができないこともあります。そんな時は、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントに相談してみることもご検討されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師の転職とキャリア
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました