「転職に失敗しやすい」「転職を繰り返しやすい」医師の3つの特徴【医師転職】

勤務医の約半数が転職を経験(医局による異動は除く)しており、転職回数は1回 20%、2回 11%、3回 6%となっているとのことです(「医者は転職回数が多い」は本当か?転職回数が多いことでの問題点【医師転職】)。

家庭の事情で、「どうしても今の職場を辞めざるを得ない」ということもあるでしょうが、大半の理由としては「職場になんらかの不満を抱えている」ということだと思います。

もちろん、全てのケースでそうとは言うつもりはありませんが、転職回数が多く、繰り返しておられる方の場合、何らかの問題があり、それが原因で「長らく同じ場所で勤務できない」という可能性があります。

今回は、そんな「転職に失敗しやすい」「転職を繰り返しやすい」医師の3つの特徴について書いてみたいと思います。

協調性に乏しい、自己中心的

昨今では特に、「チーム医療」の考えが浸透しており、医師同士は当然のことながら、コメディカルとの関係を良好に保つことも重要視されています。

結局のところ「協調性に乏しい、自己中心的」という方ですと、組織に馴染めず、弾かれてしまうことを繰り返す可能性があります。同僚・上司と上手くやっていく、ことはどこの病院施設であっても必要となり、これができておりませんと、やはり転職を繰り返してしまう、ということになってしまうと思います。

周囲とコミュニケーションをしっかりととり、空気を読んで発言・行動をしていく…といったことはやはりどこで働くとしても必要で、意識的にやっていくことが必要なのではないでしょうか。

自己分析不足

仕事と自分の能力・特性とのミスマッチが大きいと、やはりその仕事を続けていくことは困難であると思います。

そのため、転職を行う際に、自己分析が不足して「こういう仕事は向いていないんだ」「こういう条件では働けないんだ」ということが分かっていない状態で入職してしまうと、転職を繰り返すはめになると思います。

私は現在、産業医として勤務していますが、臨床医を続けていて、当直、オンコール、時間外呼び出し…といった条件で働いていれば、やはり転職を繰り返していた可能性が高いと思います。

仕事に対する認識の甘さ

医師として勤務するにしても、病院は収益を上げる必要があるわけです。自分の仕事が病院としてどのような、どの程度の利益に繋がるかといった意識がないと、「この仕事はやりたくない」「なんでこんな仕事しなくてはいけないんだ」といった考えに陥りがちになってしまうと思います。

この点、「仕事に対する認識の甘さ」がありますと、すぐに「辞めてやる」と思ってしまい、衝動的に転職を繰り返していくことに繋がってしまうように思います。

さらに言えば、現在、特にコロナ禍で収益の落ち込みで悩む施設が出てきており、医師の人件費にもコスト意識で鋭くメスを入れてくる病院はさらに多くなってくるのではないでしょうか。そうなりますと、自ら退職を選ぶどころか、リストラの憂き目に遭ってしまう可能性すらあると思います。

以上です。
やはり転職回数は少ないに越したことはないと思いますので、「次は失敗したくない」ということでしたら、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントにご相談いただいた上で転職活動をお進めいただいてがいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。