「医者は転職回数が多い」は本当か?転職回数が多いことでの問題点【医師転職】

m3.com「勤務医の約2割、「頻繁に転職考える」」という記事に、医師の転職回数についての記事が掲載されていました。

当然のことながら、「研修でのローテーション、医局人事による異動などは除く」とした上でのアンケート結果ですが、意外にも、勤務医ですと55%が一度も転職していないという結果だったそうです。

医局に所属してそのまま、もしくはそのまま市中病院で勤務を定年まで続けるといった方が多いということでしょうか。また、開業医ですと「転職0回」という方は43%ということであり、開業医の方は転職している方が比較的多いようです。

一方、勤務医で転職をした方で言いますと、1回 20%、2回 11%、3回 6%となっています。5回以上のツワモノも5%いらっしゃるようです。

以上から、「半数は転職しておらず、5回未満が大多数」ということで言えば、「医者は転職回数が多いかどうか?」という質問に対しては「そうではない」という実情となりそうです。

実際、転職回数が多いと、

・協調性に問題がありそう。

・自己中心的なイメージ。

・チーム医療ができなそう。

・勤続年数が短い=何らかの問題があることが多い。忍耐力がない。

…といったイメージを抱かれやすく、やはり好印象とは言いがたいと思われます。少なくとも2~3年以上は勤務した上で退職といった方が望ましいとは思われます。

もちろん、転職を繰り返したい人など稀でしょうから、やむを得ずといったことでしょう。転職回数が多くなってしまい、「次こそは…」という場合は、ぜひ今までの転職にどういった問題があったのか、自分にも非はなかったかどうかといったことをしっかりと踏まえた上で転職したいところです。

ただ、自分ではそうした分析はやはり難しかったりします。というのも、やはり転職には色んな要素(業務内容・量、人間関係、環境など)が絡んでいるからです。こうした相談についてはやはり、人材紹介会社の転職エージェントなどにご相談いただくことをオススメします。

実際、私は転職のたびに「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」などの転職エージェントに相談を行い、現在は満足のいく職場で勤務できています。

もし「転職回数が多い」ということでお悩みでしたら、まずはご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。