産業医の求人で「受け持つ従業員数」を把握しておくのは重要です【産業医転職】

スポンサーリンク

常勤産業医で言いますと、おおよそどのくらいの社員数を把握するのかというのは重要です。というのも、その数によって健診判定の数、面談数(長時間勤務者面談、ストレスチェック後の面談を含む)などが決まってくるわけですので、業務量のバロメーターになるわけです。

実際、提示される「受け持つ従業員数」は、1000~3000人となることが多いです。産業医未経験ですと、「そんなに多いの?」と感じられるかもしれませんが、健診の判定業務も年に1回(特殊健診は除く)ですし、面談も全ての人を行うわけではありませんので、「毎日残業しなければ回らない」というようなことでもありません。

ただ、「1000人」を受け持つのか、それとも「3000人」を受け持つのかでは結構業務量は変わってきます。その意味で、複数人の産業医がいる企業では特に、入職前に受け持つ従業員数を確認しておく必要があると思われます(1人体制であれば否応なしに全社員担当ということになりますが)。

また、面接を実際に受けられた場合、できれば「産業医面談を希望される方の人数は?」といったことは質問しておいた方がよろしいかもしれません。というのも、メンタル疾患を抱えている方が続出しているような企業であれば面談数も増えるでしょうし、逆に少ない企業もありますので、この点は人数だけでは測れない部分ですね。

その他、受け持つ従業員数の中に支社、子会社を含めていない場合もありますので、そうした点も確認はしておいた方がよろしいと思われます。

こうした詳しい人数など、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社にあらかじめご相談いただいておりますと、求人票に記載されていたり、また質問すれば事前に教えていただけますので、応募前にあらかじめ問い合わせておくことをオススメします。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました