コロナ禍でストップしていた健診バイト・人間ドックバイトの求人数が増加傾向に?【医師バイト】

そもそも人間ドックは、

・2月中旬~4月中旬は、企業からの申し込みが減少

・7~8月、1~2月は多忙な人が多く、意外と空いている時期

・6月、9月~12月は、受診者が多い繁忙期

となっているとのことです(人間ドックがすいている時期は? | 人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック)。

ですが、この昨今のコロナ禍ということもあり、しばらく健診・人間ドックはストップしていた企業や、個人的に「先送りしよう」と考えている人が多く、さらにはクリニックや病院も健診業務を停止していたため、健診バイト・人間ドックバイトの求人数は減少傾向にあったようです。

クリニック・病院も非常事態宣言解除を受け、健診・人間ドック業務を再開させているところも多く、さらには企業側も社員に健診・人間ドックを受けるように促し始めているようです。

COVID-19も収束したと言うには程遠い状況ですが、「やむなし」と企業側も判断し始めているのではないでしょうか。

現在(2020/8/3)、

エムスリーキャリア→都内 健診スポットバイト数 140

民間医局 東京都・健診のスポットバイト検索結果→都内 健診スポットバイト数 43

であり、本来閑散期であるにも関わらず、まずまずの掲載数ではないでしょうか。もしかしたら9月以降はもう少し増加傾向にあるかもしれませんので、一度諦めておられたドクターの皆さんも、健診/人間ドックバイト求人をもう一度お探しになられるのもよろしいかもしれませんね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。