「とにかく話を聴いてもらいたい」社員の長過ぎる面談への対処法【産業医マニュアル】

産業医面談に通っている方で、上司、同僚の愚痴、目下の悩みを延々と話し続けたいだけという社員もいます。

こちら側のアドバイスなどは特に必要もなく、「とにかく話を聴いて!」ということなので、傾聴に徹するわけですが、それでも1時間以上ともなりますと、やはりこちらも疲れてしまいますし、その分、社員の仕事も滞るため、あまり長すぎる面談も好ましくはないと思います。

そんな時、「切り上げ方」というのが必要になってきますが、私も産業医になりたての頃は「どうしよう…」と話を聴きながら思っていました。

長過ぎる面談での対処法としては、

・当該社員が「面談枠」という概念を認識していない可能性があり、「1人30分単位で時間をとっている」ということをあらかじめ伝えておく。

・以前聴いた話では、「ああ、以前うかがいましたね」と話を省略させる。

・全般性不安障害に多い冗長な「漠然とした不安」などには、現実的な話に引き戻す(「終わらない不安や強迫観念」を抱える不安障害圏の社員にどう面談を行うべきか【産業医マニュアル】)。

・話の節目など、面談の終わりのタイミングを逃さず、終結させる。

・結論の出ていない話などであれば、「その話、また次回の時にどういう結果になったか教えてください。では、次の面談予約ですが…」と、次回予約に話を続ける。

などといったものがあるかと思います。あとは、「すみません、次の面談の予定が入っておりまして」とやや強引に打ち切るといったこともテクニックとして使っています。

たしかに、話を聞くことで社員さんがガス抜きをしてくれるということではありがたいのですが、毎回時間が長くなる傾向にありましたら、このような手を使ってみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。