社員が「産業医」にパワハラ相談をすべきか?パワハラに対して産業医は何をすべきか?

ストレスチェック後の高ストレス者対象の面談で、よく「上司にパワハラを受けて困っている」といったことを相談されます。社員側の立場で考えると、「ホットラインなどのコンプライアンス窓口に相談する勇気はないけれど、どこかで話をしたい」といった意味合いでお話いただいているように思われます。

もちろん、「産業医が介入して問題を即解決できる」とは思っていないはずです。ですが、どこにも相談できない苦しみ、辛さを産業医との面談で吐き出している、ということなのでしょう。

さて、そのようなケースの場合、産業医が次にどのようなアクションをしていくかということですが、やはり人事など会社側に訴えの内容を伝え、介入していただくよう働きかけていくということでしょう。

当然、社員は相談している内容などについて、「パワハラの加害者である上司には知られたくない」と思っているはずです。そこで産業医としては、「上司には知られないようにしていただいた上で、人事に調査・介入をお願いしてみませんか?」といった提案を行っていくことが多いと思われます。

今回の記事の表題である「社員が産業医にパワハラ相談をすべきか?」という問題ですが、これに関してはしていただいても全く問題はないと思われます。それをきっかけに、問題解決の糸口になることもあるはずです。

「どこに相談したらいいか…」と悩んでいらっしゃるようでしたら、産業医を使っていただければと思われます。その後、産業医としては人事労務と連携し、問題解決にあたることになります。また、産業医には守秘義務があります。「この点は口外しないで欲しい」と言っていただければ、その秘密は基本守る必要がありますので、その点もご安心いただければと思われます。

関連記事

社員が「産業医に相談したい」ときに実践したい、「賢い相談の仕方」をする上での3つのポイント

産業医との「高ストレス者面談」にやってくる人々の3パターンと対処法

ストレスチェックの高ストレス者面談で「ストレス要因」を上手く聞き出すコツ


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。