労働衛生コンサルタント試験の「口述試験で不合格になる」人の3つの特徴

以前の職場で、労働衛生コンサルタント試験を一緒に受験した産業医の同僚がいました。私は転職を考えておりましたので、「ここはなんとかして一発合格したい」と意気込んでおりましたが、同僚は「君が受けるなら、私も受けてみようか」といった程度のノリだったと思います。

さて、その結果は、私は無事に合格しましたが、同僚は不合格。またその翌年も同僚は落ちてしまったそうです。

合格のためのアドバイスを色々と訊かれ、相談にも乗っておりましたが、そこでなぜ不合格なのか、理由がある程度分かってきました。そのことについて今回は書いてみたいと思います。

勉強時間が絶対的に足りていない

当然のことながら、労働衛生コンサルタント試験に合格するには勉強が必要です。私も同僚に「どのように勉強したらいいのか」「どんな本で勉強したらいいのか」といったアドバイスはしましたが、「うん、分かった!」と言いつつ、同僚は勉強している様子がほとんどありませんでした。

労働衛生コンサルタント試験の過去問や、労働衛生のしおりを「どこまで勉強したの?」と質問しても、試験まで残り1ヶ月の時点で、半分も進んでいないという状況でした。そのくせ「どんな問題が出るの?それだけ教えてよ」と言われたため、「あ、また今年もダメだろうな…」と思った次第です。

恐らく大学もこの調子で「直前にポイントを丸暗記」パターンで乗り切ってきたのでしょうが、よほど要領が良くないと口述試験ではそうはいかないと思います。

「アウトプット」が足りていない

相談の中で、「産業医と労働衛生コンサルタントの違いは?」「許容濃度と管理濃度の違いは?」「リスクアセスメントの手順とは?」などなど、頻出問題について質問してみたのですが、「なんとなくは答えているけど…」といった様子でした。

既に渡してあった、私が受験時に作成した想定質問集とその回答を読んではいるようで、漠然とは答えてはいるのですが、回答でポイントを逃している部分について追加質問をすると、「……分からない」と、窮していました。

記述試験ですとある程度はごまかせるかもしれませんが、口述試験ですと追撃の質問があり、「ここ、分かってないんじゃないの?」というポイントがあると、簡単に露呈してしまいます。

その点、繰り返し自分で回答して「アウトプットする」練習をしていませんと、不合格となってしまう可能性があります。

総論の理論的・基礎的部分がおろそかになっている

勉強一般で言えることでしょうが、総論で理論・基礎的な部分をしっかり学び、そこから各論へ入っていくパターンになっていると思われますが、この総論での理論・基礎的な部分がしっかりと習得できていないため、同僚は「各論も丸暗記」となっていることが判明しました。

3管理、リスクアセスメント、許容濃度・管理濃度、作業環境測定などについての知識も漠然としたした状態で、「有機溶剤による健康障害対策は?」「粉じんによる障害対策は?」などなど、各論に突入していくのは大変だと思います。

最初はとっつきにくく、なかなか理解しづらい部分かもしれませんが、総論の理論的・基礎的部分はしっかりと学んでおき、そこから各論へと進んでいくことをオススメしたいと思います。

労働衛生コンサルタント口述試験 参考書紹介

産業医のための労働衛生コンサルタント口述試験対策マニュアル: 一発合格するための秘訣

労働衛生コンサルタント試験の口述試験に特化した、勉強方法・対策法・合格するための秘訣について記載しています。

まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問

労働衛生コンサルタント試験の口述試験で、問われる可能性の高い、基礎的な質問を集めた問題集です。この41問をしっかりと押さえておけば、合格は非常に近づいていると思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。