産業医として安全衛生委員会でイラッとしたり、傷つく瞬間【産業医マニュアル】

50人を超える営業所などへ、本社から外出して安全衛生委員会に出席することがあります。そうしたところでは、「本社から言われてるから」もしくは「安衛法上決まってるから、仕方なく」と、やらざるを得ないからといった空気をありありと感じることがあります。

こちらとしてもそうした心情に配慮し、文句も言わないようにはしてますが、それでもイラッとする時があります。

たとえばですが、安全衛生委員会のために訪問しても、「え?今日でしたっけ?」と完全に失念されているようなケース。前回の委員会でわざわざ日時を決めているにも関わらず、すっかりと担当者が委員会開催を忘れてしまっていることがあります。

あとは、安全衛生委員会には開催のための必要人数が決められていますが、そのメンバー集めで、急遽招集されているため、「いやいや参加している」というのがありありと分かるようなケース。忙しいのは分かりますが、そうした表情や空気はこちらも分かってしまいます。

「こっちもヒマじゃないんだよ」などと、文句らしき言葉をつぶやく人もいます。「それはお互い様ですよ」と言いたい気持ちをグッとこらえ、こちらも委員会に参加しているわけです。

開催のための会議室などが用意されてはおらず、オープンスペースで落ち着かないような環境で会議が開催される時にも、「こんな扱いなんだなぁ…」と身にしみて認識させられ、傷つくこともあります。

「安全衛生委員会は義務だから。開催することに意味がある」と割り切ってこちらも参加すればいいのかな、とも思えばいいのかもしれませんが、そこはやはりこちらとしても割り切れないものが心に残ってしまうわけです。

衛生管理者、もしくは営業所の所長といった議長の方々には、ぜひ産業医が傷つかないようご配慮いただけますと幸いです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。