転職をする上でつきまとう、「心配や迷い」を味方につけるべき理由【医師転職】

スポンサーリンク

転職を行う上で、大多数の方が現職場を離れ、別の新たな職場へと移ることに「心配や迷い」を抱くと思います。

では、その「心配や迷い」が転職において常に邪魔立てするものかと言うと、そうではないと私自身は思います。

というのも、「イケイケドンドン」と話を進めてしまうのは実は危険で、逆に時折、立ち止まりながら、しっかりと様々なことを確認しつつ進めていく方が転職は成功すると思うからです。

心配、迷いがなかった場合、求人を比較・精査することをあまりしないことにも繋がってしまうのではないでしょうか。入職先のマイナス面について、知らずに入職すると「失敗したな…」と思うものです。一方、そのマイナス面をしっかりと認識して入職していれば後悔の度合いも少ないのではないでしょうか。

もし心配、迷いが大きくなっているようだったら、それは転職活動を一時ストップするいい機会だと思います。立ち止まり、ご自身の転職目的や希望条件など、改めて再度確認をするポイントなのだと思います。

ただ、そこで一人で思い悩んでしまいますと、ドツボにはまる可能性もあります。そんな時はぜひ「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」などの人材紹介会社に所属している転職エージェントに相談してみて、新たな視点で転職活動を見直すことも必要ではないでしょうか。

いずれにせよ、「心配や迷い」は転職にはつきものであり、敵ではなく味方につけるという考え方で転職活動を進めてみることをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました