「未経験可」という産業医求人を出している企業の実際【産業医転職】

産業医求人では、「経験者のみ募集」「経験者優遇」「未経験可」といったグラデーションとなっています。

「経験者のみ募集」には産業医未経験のドクターは入り込む余地はなさそう(社員が有害業務などに携わっており、健康管理に知識・経験が必要といったケース)ですが、「経験者優遇」「未経験可」の求人であれば、産業医未経験のドクターでも応募は可能と考えていいでしょう。

では、こうした産業医未経験のドクターを受け入れる企業とはどういったところかと言いますと、次のようなケースが考えられると思われます。

・産業医が複数人いて、仕事を教えられる。

・保健師がおり、産業医の業務が既にある程度マニュアル化されている。

・産業医の業務がマニュアル化されており、なおかつ企業側が「あまり他社でのやり方に染まっていないドクター」を希望するケース

・「メンタル疾患を抱える社員が多く、精神科的なアプローチで休職者を減らしたい」「メタボな社員が多く、内科的なアプローチでこの問題に積極的に取り組んでくれるドクターを希望したい」など、臨床的な知識・経験を重視するケース

などでしょうか。実際、私の場合、内科医から産業医になった際には「保健師がおり、産業医の業務が既にある程度マニュアル化されている」企業で、採用していただきました。

ですが、やはり産業医業務で分からないことも結構あり、そうしたことを先輩などに相談することができなかったのはやはり辛かったように思います。

ただ、注意点としては「産業医が複数人いる」からと言って教育体制が整っているとは限りません。私も二社目に入職した企業は複数産業医がいて相談できるかと思いきや、あまり経験のない先生方だけで、相談しようにもできなかったというオチが待っていました。

ただ、中には「産業衛生専門医資格」を取得できるような、教育・トレーニングをしっかりと行える企業もあります。未経験の内にこそ、そうしたところで産業医としての基礎を固める方が望ましいようにも思います。

こうした「未経験可」の求人の有無については、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社の転職エージェントに相談しますと、教えてくれます。未経験で産業医になろうということでしたら、まずはご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。