医師の転職で知人がおすすめする「知人紹介求人」で注意すべきポイント【医師転職】

医師の転職で、「知人の紹介」によって転職される方は、年代によって異なりますが、3割程度にのぼるとされています。

ただ、この「知人おすすめする紹介求人」というもので注意するべきポイントがあります。それは、「比較検討しづらい」という点です。

たとえば知人が「こんな病院どう?報酬はよくて、同僚医師もいい人たちばっかりだよ」と言って紹介したとします。病院の雰囲気や、働いている人の人となりなどは分かりやすいかもしれませんが、果たしてそれを鵜呑みにしていいものでしょうか?

こうした知人紹介の求人ですと、「比較検討できない」という問題点があります。「報酬はよくて」と言われても、相場と比べて本当に高いかどうか分からず、「今、勤務している病院よりは良い」程度のものかもしれません。もっと年収アップするチャンスをふいにする可能性もあるわけです。

また、たとえば病院見学や挨拶に行ってしまったりすると、「なかなか断りづらい」というデメリットもあります。断ってしまうことは、知人に迷惑をかける可能性もあるわけです。「ぜひウチに」などと言われてしまうと、知人の手前もあって、「やめときます」とは言い出しにくいですよね。

同様に、条件の交渉もなかなかしづらいのが実情です。提示された年収額に「ちょっと安いなぁ…」とも言いづらく、そこから交渉をして年収アップにつなげるということが難しい可能性もあります。

さらには退職する際にも、なかなか自己都合を優先させるということがしづらいですね。「後任が決まるまで待ってくれ」などと言われたりした場合、知人の手前もあって、なかなか無下に断るということができない可能性もありますね。

以上です。
知人紹介の求人もいいですが、同時にその他の求人もぜひ比較検討してみることをオススメします。

リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった求人紹介会社に登録して相談しますと、希望条件の求人を紹介してもらえます。

もちろん、知人紹介の求人の方がいいのならばそちらに転職すればいいでしょう。ですが、十分納得して転職しませんと、後で後悔することになりますので、ぜひ他の求人も見てみることをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。