医師がみんな「意識高い系」になったり、「滅私奉公」ができるわけではない【医師転職】

どんな仕事でも、ある程度の下積みや我慢は必要であるということに異論はありません。ですが、初期研修ないし専攻医を経て専門医になった後、みんながみんな「意識高い系」医師ないし「滅私奉公」で働きまくることができるかというと、そうではないと思います。

それこそ働き方、あるいは仕事に対する考え方は様々であり、「ほどほどである程度の給料がもらえればそれでいい」という方や、私のように「当直やオンコール、時間外呼び出しありで働くのは無理」という人もいるかもしれません。

もちろん、私のような人間ばかりでしたら医療は成り立たない、医療の前線に立ってプライベートの時間を削って働いてくださる方がいらっしゃるからこそ成り立っているというのは重々承知しております。ですが、それこそ「そんな人間ばかりにはなりえない」世界であるからこそ、働き方を自由に選択することは問題ないのではないでしょうか。

また、「若い頃にはガンガン働けていたけど、40代後半に差し掛かってそんな働き方ができなくなった」という、年齢によるシフトもあり得ると思います。上記の通り、働き方、仕事に対する考え方は様々なグラデーションがあり、それを選ぶのはやはりご自身です。
私自身、「なぜ上司や同僚のように、臨床医として”普通に”働くことができないのだろうか?」と悩んだものですが、「結局、どの程度働くことができるのか、その働き方というのはみんな違っていいはずだ」という結論に至りました。

現在、「週3日産業医+1日非常勤内科外来でバイト」という働き方に落ち着いているわけですが、私としてはそれに納得しています。それに対して、「若いんだからもっと働けよ」というご批判もあろうことは承知しておりますが、「私にとってこの働き方がベスト」という考えはやはり変わらないと思います。

もし現在の働き方に違和感、あるいは「もうこの働き方は無理だ」と思われるようでしたら、改めて働き方についてリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアの転職エージェントにご相談いただき、転職活動も検討されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。