産業医になるための「乗り越えるべき3つの壁」とは【産業医転職】

「産業医は楽(ラク)」という認識の臨床医の皆さんが結構おられますが(研修医を始めとして…「産業医は楽(ラク)」と考える研修医の認識が間違っている3つの理由)、産業医になるためには乗り越えるべき壁があります。

そのため、「たとえ楽な職場に転職することができるとしても、乗り越えなきゃいけない壁があるんですよ」ということはご認識いただければと思います。

さて、その「3つの壁」とは果たして何なのか、というのが今回の記事のテーマです。

産業医資格の取得

医師免許だけではなり得ないものが3つあります。それは、「母体保護法指定医」「精神保健指定医」、そして「産業医」です。認定産業医の資格(厳密に言えば、労働衛生コンサルタント試験を突破することでもなれます)がまずは必要になるわけですね。

認定産業医の資格は試験があるわけではないですから、ぶっちゃけ「講座を受けて、単位を集める」だけです。ただ、その単位数も多く、また講座も限られていてなおかつ倍率も高いため、結構単位集めに難渋することもあります。

特に臨床医で勤務しながら講座を受けて単位集めをするのは難しいのではないかな、と思います。

未経験という壁

臨床医で経験をいくら積もうとも、それで産業医の経験が積めるわけではありません。ですので、基本的には臨床医→産業医というコースですと、未経験からのスタートということになります。

もちろん、「未経験可」という企業もありますが、経験者が一緒に応募していたら、それは経験者の方をとりたいというのが採用者側の心情ではないでしょうか。ですので、この「未経験という壁」というのも産業医になるにはあると思われます。

内定を得るまでの壁

基本的には一企業の求人に対して一人の産業医、そして何より基本的には常勤産業医の募集であれば、1000人規模の社員のいる企業ということになります(国内の企業のほとんどは100人以下です)。

相当な規模の企業が求人を出すというわけですので、当然求人数は少ない。なおかつ応募する産業医の数も多いわけですから、倍率も高くなります。

よって、「内定をゲットする」ということも結構難しいということがお分かりいただけるのではないでしょうか。未経験でありますと、なおのこと難しいです(中には、他社の色に染まっていない産業医を一から育てたいという企業もありますが)。

以上です。
産業医になるには、「3つの壁」があるということで、それをまず乗り越える必要があります。産業医にはなりたい、でもなかなか難しくて内定が得られないということでしたら、私も臨床医→産業医となった際にお世話になりました「リクルートドクターズキャリア」にご相談いただいてはいかがでしょうか。

また、その後の転職では、「エムスリーキャリア」に登録して相談しておりました。

もし転職活動に行き詰まっているようでしたら、まず登録してご相談いただくことをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。