産業医が「契約更新なし」を言い渡されないための3箇条【産業医転職】

産業医は常勤であっても、基本は「1年更新」のところが多いです。1回目の更新は「もう一年おためし」として延長してもらいやすい一方、問題がある産業医ですと「2回目の更新はなしよ」と言い渡されることもあります。

特に、大企業で比較的入れ替わりの頻度が高いようなところですと、その分、企業側の目も厳しいため、「更新しようか、どうしようか」と判断されることも多いと思われます。

私も産業医として入職して2年目までは、契約更新がなされるかどうかということで、更新時期に「どうなんだろう?」と内心ドキドキしていました。

さて、今回はそんな契約更新の話題で、「もう、先生の契約更新はないよ」と言われないようにするための3箇条について書いてみたいと思います。

自分から積極的にコミュニケーションを

ただでさえ一般社員と異なる立場ですので、人事労務担当者なども産業医には「壁」を感じてなかなか相談しづらいといったこともあるようです。ですので、産業医の方から歩み寄り、「いつでも相談どうぞ」といった態度を示しておくことは重要だと思われます。

さらに言えば、特に、産業医の採用などに関わる人事部の課長クラスなどとはこまめにコミュニケーションをはかり、「あの先生、何をしてるか分からない」と言われないよう、日頃の業務のことについて相談をしておくとよろしいかと思われます。

できれば飲み会などにも参加しておくと、日頃の業務も円滑に進みますので、宴席が苦手という先生も、できれば顔を出しておくことをオススメします。

クレームを入れられないような工夫を

面談した社員から、人事側へクレームが入っていたなんてこともあったりします。ですので、面談では「余計な問題発言をしない」よう注意をしましょう。

また、産業医とて人間ですから、中には苦手な社員さんもいるかもしれません。その時には問題を抱えこまず、保健師・人事労務担当者に情報を積極的に共有し、自分一人で対応しないよう心がけましょう。

依頼された仕事は迅速に対応を

講話依頼や、人事側から採用候補者に関しての健康面での問い合わせなどがあったりします。こうした依頼を後回しにし、忘れてしまったりしますと最悪です。

「あの先生、仕事しないよね」と言われないよう、できるだけ依頼された仕事、メール返信などは迅速を心がけましょう。次に仕事を依頼されるかどうかは、こうした地道なところで差がついてくると思われます。

以上です。
一方で、努力していても契約更新がなくなることはあったりします。そんな時はあまり悩んだり自分を責めたりせずに、次の入職先を探しましょう。

私は今まで、転職のたびに「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」という人材紹介会社に求人を紹介していただき、産業医としての内定をいただいております。もし転職でお困りでしたら、登録の上、ご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。