パワハラ・セクハラなどのハラスメント問題は「イエローカードとなる上司からの警告」を無視すると大問題に【産業医マニュアル】

パワハラ防止法の施行(中小企業は2022年4月から)に伴い、企業のパワハラ・セクハラなどのハラスメント問題への取り組みはより積極的になることが求められています。

以前から、こうしたハラスメントの問題は存在し、企業ごとに対応していたと思われますが、私が見たいくつかのケースの中では、大問題に発展し、懲戒処分が下る前に「イエローカードとなる上司からの警告」があったように思います。

問題のある上司のハラスメント行為・言動を、被害者である社員が「上司の上司」もしくは「人事/ハラスメント通報窓口」などに相談し、結果的に注意、警告がまず行われるわけです。

ところが、その注意に「チクりやがったな」と逆ギレする上司がいたり(これは論外ですが)、しばらく反省していても、喉元過ぎれば熱さを忘れるではありませんが、元のようにハラスメントを繰り返してしまうということにより、ついには「懲戒処分というレッドカード」が下されるという流れが何度かありました。

「これも時代の流れ」と認識し(諦めに近い、と言っていた人もいました)、注意されて変えられる方もいます。こうした人はレッドカードを出されるまでには至りませんが、逆に変えられない人は繰り返してしまいます。ハラスメント問題の根本は、やはりこうした「自分を変えられない」「自制できない」という部分にあるようにも思います。

実際、産業医として、こうした数名のハラスメント上司と話をしたこともありましたが、共通して「俺らの頃は…」とか、「昔はこんなの当たり前」などと、ノスタルジックな自慢話をしていたように思います。私は「みんなが○○さんのように仕事できれば問題ないのですが、そうではありませんからね。個々でできる仕事は違いますから」と言ってたしなめてみましたが、やはり変わらないものですね。

ハラスメント問題で「警告のイエローカード」が出されていると自覚されていたら、「自分を変えないと、レッドカードが出される!」と思っていただければと思われます。

もしこうした産業医業務にご興味をお持ちのドクターがおられたら、ぜひ産業医となることをご検討いただければと思います。その際には、私も転職のたびにお世話になっておりました、人材紹介会社の「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」にご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。