産業医になるなら「高齢で臨床医として働くのがしんどくなってから」は妥当か?【産業医転職】

私が臨床医から産業医に転職することになった時、「まだ若いんだから臨床医を続けていて、年をとってからでいいんじゃないの?」「今は臨床医として経験を積む時じゃないの?」といった話を何度かされました。

まだ後期研修医だった当時、「あ、産業医ってそういう位置づけのものなの?」と思ったのが記憶に残っています。恐らく、上記のようなアドバイスをする人々の心の内には、「まだ若いんだから臨床頑張って、楽な産業医に逃げるなよ」といったお気持ちが幾分かあったのかな、と推察されます。

ただ、このアドバイスが効果的に当てはまる人、当てはまらない人がいるかな、とは思います。臨床に後ろ髪を強く引かれているような方であれば、それはやはり「未練がなくなる、もしくはもう少し少なくなるまで臨床を」といったアドバイスは妥当だと思われます。

その一方で、私も当時からそうでしたが、「臨床医であることに強いこだわりはなく、医療に携われていられればいい」といったスタンスでしたので、そうした方には「臨床医であり続ける」ということを無理強いしなくてもいいのでは、とも思います。

正直、臨床を離れることで、「時間外勤務なし、オンコール・当直なし」といった勤務に強く引かれていたということは否定できませんが、かと言って「医者を完全にやめてサラリーマンに」ということも今さら難しいと思いましたので、その結果として産業医という着地は、自分にとってよかったようにもも思います。

実際、社員さんの悩みに医療的立場から一緒に悩んだり、アドバイスをしたり、職場の問題を安全衛生委員会で解決するために話し合うといったことに合う/合わないはあると思いますが、楽しんで仕事をやれているのならば、産業医という仕事が若手がやってもいいように思います。また、同年代だからこそ、若手社員の悩みに共感できるという側面もあると思います。

恐らく、臨床医が産業医になる上で、誰しも迷うとは思います。ですが、その迷いの強弱、「産業医をやってみたい」という希望の部分は、年齢や人それぞれの考え方によって異なると思います。ですので、「○○歳だからまだ臨床やった方がいい」とは一概には言えず、「産業医の世界に飛び込みたい時に飛び込んだらいいじゃないの」と私自身は思います。

もし産業医になろう、とご希望ということでしたら、私も転職のたびにお世話になっている、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社の転職エージェントにご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。