産業医に転職して後悔する医師の特徴【産業医転職】

私も後期研修医中に、産業医へと転職した訳ですが、「微塵も後悔していない?」と言われますと、それはなかなか「はい」とは即答しづらいと思います。

というのも、やはり臨床医には臨床医としての魅力がありますし、一度は専門医を目指していたということもありますので、それが道半ばとなっていることも、心残りとはなります。

また、同期がバリバリと臨床医として活躍しているという話を聞きますと、「自分も臨床医を続けていた人生だったら…」と思うこともあります。

ですが、私としては8:2に近い割合で産業医になってよかったと思っております。一方で、後悔する割合が大きい人もいるでしょう。今回は、産業医になって後悔してしまうドクターの特徴について書いてみたいと思います。

自分で治療したい、治療することに強い喜びを感じるタイプ

産業医ですと、主治医とは異なって自ら治療を行う立場ではなくなります。

疾患を想定しつつ、受診勧奨を行うといったことはありますが、自ら治療をする訳ではありませんので、治療を行うことに強い喜びを感じるようなドクターですと、もしかしたら産業医おしてのやりがいを感じにくく、臨床医に戻るという選択を行う可能性があるのではないでしょうか。

事務作業、同じような業務を続けることが苦手なタイプ

面談を行なって意見書の作成といった業務や、多くの数の健診判定・受診勧奨など、決まった業務を淡々と続ける仕事が多くあります。

これは単純に向き不向きであると思われますが、こうした事務作業、ルーティーン業務を続けることが苦手なタイプだと、産業医は続かないかもしれませんね。

幅広い科の疾患について相談に乗ることが苦手なタイプ

産業医ですと、一つの科の専門性の高い相談というよりは、色んな科の疾患について相談を受けたり、受診勧奨を行うことの方が多いです。

浅く広く、ということになるでしょうが、相談に乗れることが求められ、就業可否が可能かどうかといった判断が必要になるわけです。

この点も、守備範囲が狭い方ですと困ってしまう場面が多いかもしれませんね。

以上です。
もし上記のような点が当てはまらず、産業医としての勤務ににご興味をお持ちのようでしたら、私も転職のたびに利用させていただいております、「リクルートドクターズキャリア」「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社の転職エージェントにまずはご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。