「都内+年収2000万円以上」の求人とはどのような応募内容なの?【医師転職】

都内ですと、需要・供給バランスで言いますと、医師の過剰供給ぎみとなっておりますので、やや年収は地方に比べて低くなりがちです(Uターン・Iターンを検討中の医師の皆さん、都道府県別の平均年収をぜひ知っておきましょう【医師転職】)。

ですが、中には「都内ながら、年収2000万円以上」の求人というものもあります。では、その内容はどのようなものか、と言いますと、大別すると下記のようなものになるようです。

クリニックの院長候補

内科のクリニックで、院長候補のドクター募集で、「年収2000万円以上可」となっている求人があります。

ただ、これはやはり売上によって左右されるようで、売上が低いと、さすがに「年収2000万円」とはいかないようですね。売上で年収アップということで、インセンティブ制度に近いようです。

募集科については、内科、整形外科、精神科が多い印象です。

新規開設病院などの科長候補

新規開設病院で、科長候補を募集するところですと、2000万円オーバーの年収が可能というところもあるようですね。

ただ、科に関しては脳神経外科、循環器内科など、比較的業務負荷としては高めの科が多い印象です。中には「転科OK」といった記載があり、科長候補でない方の募集もありますが、さすがにそれで2000万円以上というわけにはいかなそうですね。

ただ、科長を狙いたい、管理職の役職を目指したいといった方でしたら、応募してみる価値はあるのではないでしょうか。

クリニックの外来+訪問診療

院長候補というわけではありませんが、クリニックの外来と訪問診療を担当し、その売上によっては「2000万円以上も可能」というところがあるようです。

募集科については、内科が多い印象で、総合診療科的な役割を期待されるようですね。将来的に、開業医となることを目指していて、「訪問診療の勉強もかねて」といった応募の仕方もありな求人のように思います。

上記のような求人は、「リクルートドクターズキャリア」「エムスリーキャリア」などの人材紹介会社に掲載されることがあり、これらの会社は「年収2000万円以上」といった条件で検索がかけられます。

昨今のコロナ禍で求人が減る傾向にある可能性もあり、もし「年収2000万円以上求人」を希望されておられるようでしたら、逃さないようにしたいところですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。