マスクの賢い使い分け方「不織布マスクとガーゼマスクの違い、分かります?」

薬局などで売られているマスクは、一般的に「不織布(ふしょくふ)マスク」と「ガーゼマスク」に分けられます。

「不織布マスク」は、熱や化学的な作用によって繊維を布状にしているものです。ガーゼマスクに比べ、外からの異物侵入の防御効果が高いです。「ガーゼマスク」は、その名の通り、ガーゼを使用したマスクなのですが、保湿&保温効果が高いことが特徴です。

このような特徴を踏まえ、それぞれ、以下のような使い分けができると考えられます。

花粉症対策・風邪予防には「不織布マスク」

上記のように、外からの異物侵入の防御効果が高いため、「不織布マスク」は、花粉症対策・風邪予防にはうってつけです。

ただ、ピッタリと鼻・口周りを隙間なく覆わなければ意味がないので、装着時にはご注意くだしさい。また、最近では立体型のマスクが売られており、息苦しさを感じやすい人や、メイク移りが気になる方は、ご利用を検討いただければと存じます。

風邪を引いてたり、夜の乾燥対策には「ガーゼマスク」

保湿&保温効果が高いため、既に風邪を引いていたり、夜の乾燥対策でマスクをされる方は、「ガーゼマスク」がうってつけです。

ですが、異物侵入の防御効果は「不織布マスク」に劣ると考えられるので、外出時の風邪予防対策には、あまり向かないようです。

以上です。マスクをご購入される際には、ぜひマスクの種類を確認するようにしてみてください(最近だと、不織布マスクばかりになってきてるようですが)。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。