上司との関係が悪化する部下の特徴【産業医マニュアル】

「上司からパワハラを受けている」と主張する社員さんが、面談を希望してきました。昨今の流れなのか、ご丁寧に「何度もダメ出しされた報告書」や「罵倒された(とこの社員さんが主張する)時に録音した音声」を持参していました。

もちろん、その面談では傾聴・共感の姿勢で望みましたが、その主張だけを鵜呑みにするのは危険と察知して、上司にも事情を聞きました。

その結果、
・ミスや遅刻をした際、素直に謝罪することも、反省することもなく言い訳しようとする。

・何度も同じミスを繰り返し、改めようという姿勢が見られない。

・仕事を割り振ろうとしても、理由をつけて断ろうとする。

・基本的に報告、連絡、相談ができない。勝手に現場から直帰しようとする。ルールを守らない。

…などなど、問題が数々浮き彫りになりました。

上記の例は、他の面談を実施した社員にも当てはまる事項であり、特に「ミスや遅刻をした際、素直に謝罪することも、反省することもなく言い訳しようとする」というのは比較的多くみられますね。

あとは、何度も同じようなミスを繰り返す、以前に注意したことを改められず、「前にも言いましたよね!」と上司がヒートアップしてしまうケースも結構あります。この点、部下の方にも発達障害の可能性があったりしますので、慎重な対応が求められるところではあります。

「基本的な報・連・相」はできないというのも多いですね。ただ、上司との関係性が悪化し、「相談したくてもできない」状況にあったりすることもありますので、一概に部下のせいだけにはできないという側面もあります。

以上です。
結局、休職にこの社員は入りました。異動の希望が強かったので、その点も人事と相談しつつ復職をサポートしたいと思いますが、また同様のことが起きないように、釘を差しておく必要があるでしょうね。

こうした産業医業務にご興味がございましたら、ぜひ「リクルート ドクターズキャリア」などの転職支援会社の転職エージェントにご相談ください。私も転職の際には実際に利用させていただいており、入職までしっかりとサポートしてくださいましたよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。