初期研修中に「自分はダメだ」「医師に向いていない」と思ったときに覚えてもらいたいこと

初期研修医と一口に言っても、そのモチベーションは千差万別のように思います。「憧れの医師になれた!これからバンバン働くぞ!」とやる気に満ちあふれているタイプもいれば、「とりあえず初期研修を終えるか…」という思いでいるタイプの人もいるのではないでしょうか。

私自身も後者のタイプで、指導医の先生方には大変申し訳ありませんでしたが、学生時代のBSLの延長線のように、「指示されたことはやるけど、それ以上は何もしない。早く帰りたいとした思っていない」というような感じでした。

結果、採血やルート確保も同期に比べて上手くならず、そのやる気のなさを注意されることもしばしばでした。「自分はダメだ」「医師に向いていない」と思い続け、苦しみ続けていました。

ですが、初期研修の2年が過ぎて後期研修になった時、少しずつ仕事も覚え、自信がついたという時期に入りました。ただ、相変わらず時間外勤務、当直、オンコールも大嫌いで、帰宅してから電話が鳴ると絶望的な気持ちになっていました。

将来的には「専門医資格を取得して早めに開業を」と思っていましたので、そのことを目指して研修を続けていたのですが、結局は後期研修の途中で「リクルート ドクターズキャリア」さんのサポートを受けて産業医へと転職しています。

長々とここまで、私のダメさ加減を書いてきましたが、結局のところ何が言いたいのかと言いますと、初期研修、後期研修は「一般的な臨床医としての勤務」を行っている時期だと思われます。

それに自分が合わない、「早くこの生活から脱したい」と思っていると、ついつい「自分は医師失格だ」などと思ってしまいがちですが、「一般的な臨床医としての勤務」が苦手なだけで、それ以外の道も選択肢としてあるのだと、ぜひ覚えておいていただきたいのです。

たとえば、私も臨床医から転職して産業医となっていますが、本当に産業医の道を選んでよかったと思っています。

また、産業医をしているからこそ気づけたことですが、やはり人には適正があり、環境によってそれが活かされるかどうかは、大きく異なります。だから、今は「もう辞めたい…私は医師に向いていない」と絶望的な気持ちになっている先生もおられるかもしれませんが、今後の進路によって環境が変わると、その状況も大きく変わっていくと思うのです。

「自分は臨床医に向いていない」と自覚した、不幸な臨床医のとりうる選択肢とは」でも書きましたが、私は医長から「君は臨床医に向いていない」と言われ、ショックを受けたことがきっかけです。

そのきっかけがないだけで、「勤務医生活、嫌だ…」と思いつつ働き続けているという先生方も多いのではないでしょうか。きっと私も、あの医長の言葉がなければ、臨床医を続けていたのだと思います。

初期研修、専攻医(後期研修)を経験しておくことは重要だと思われますが、だからと言って「一生臨床医をやれ」ということではありません。途中で、臨床医以外の医師としての道を模索するのでもいいでしょう。そんなことを頭の片隅にでも置いておいていただけると幸いです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。