新型コロナウイルスのワクチン接種を受けてきた実体験から「注意した方がいいと思うポイント」をお伝えします

幸いなことにも、非常勤で勤務している先の病院で新型コロナウイルスワクチンを接種させていただけることになりました。

一度は「供給量が少なく、常勤のドクターのみとなりました」とお断りされましたが、「非常勤の先生方も接種できるようになりました」ということで、「では、ぜひ」と打たせてもらうこととなりました。

問診票や記録表に必要事項を記入し、13時頃に左腕へ接種しました。15分の経過観察を経て仕事に戻りましたが、段々と打った部位が重いような感覚になっていきました。熱感はありませんでしたが、その違和感が17時頃にはハッキリと自覚できるようになりました。

自宅に19時頃戻り、食事や入浴を行って23時過ぎにさて寝ようかと思ったところ、左腕を下にしたところ軽い痛みがありました。このあたりはよく言われていることで、「あ、やっぱりな」といった感じでした。

翌日になって、朝から倦怠感が強く、さらに左腕の痛みが増強していました。特に腕の痛みは、物をとろうとする時に大分しんどくて、「四十肩、五十肩の人みたいだな」という感じです。

結局、丸一日痛み、倦怠感に悩まされ、休みだったこともあって昼寝もしていました。さらに接種から2日経ち、ようやく倦怠感、腕の痛みは引きました。やはり接種後の翌日は症状が強く、この状態で勤務するのは「しんどいなぁ」という感じでした。

5月には2回目の接種が控えており、発熱する方も多いということで、その点が懸念されます。私は翌日休みですのでいいですが、もしご心配な方がおられましたら、翌日は有給をとるなりしといた方がよろしいかもしれませんね。

以上が私の新型コロナウイルスワクチン接種後の実体験です。ご参考になれば幸いです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。