医師人材紹介会社の求人数や特色は様々です-複数登録、キャリアエージェントとの話でぜひ比較を

スポンサーリンク

本日、個別記事の下に、人材紹介会社のそれぞれの求人数をまとめて、表示するようにしてみました。常勤、非常勤、スポットなど、ホームページに掲載されている数を集計して、記載しております。

かなり求人数に幅がありますね。求人数最多なのは、「医師転職ドットコム」であり、次には「民間医局」です。常勤の求人数は、1万超えということで、群を抜いているのが分かると思います。

ほかにも、非常勤の求人数ですと、「医師転職ドットコム」が一番、次には「リクルートドクターズキャリア」が挙がります。

これらの求人数上位のサイトで情報収集し、あとはキャリアエージェントとの相性という部分で決めるのも良いと思います。「求人数はちょっと少ないけど、このキャリアエージェントさんは話せる」という場合、アドバイスを得て、他の会社で話をスムーズに進めることも可能だと思います。こうしたことで、賢く転職活動が行えるのではないでしょうか。

一つの会社だけで話を進めていくと、「これで良いのかな?」と不安に思うこともあります。比較してみて、見えることもあると思いますので、下記の【オススメ人材紹介会社一覧】から、登録してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました