【医師転職】面接で転職理由を聞かれた時に答えるべきでない3つのNG回答

面接で転職理由は、必ずと言っていいほど質問されますね。「どうしてここで働きたいの?」という意図であり、しっかり回答を用意しておきたいところです。

今回は逆に、答えるべきでない3つの回答について書いてみたいと思います。

前職の悪口、批判から入る理由

ついついやってしまいがちですが、「前職は当直が多すぎて」「前職は人手不足で」などと前職の悪口、批判から転職理由を語ってしまっていませんか?

もちろん、正直な転職理由ではあると思いますが、いきなり前職の批判を始めてしまうのは得策ではないと思われます。

たとえば、「私は、患者さん一人一人にしっかりと向き合いたい、診療を行いたいという希望があります。ですが、前職では受け持ち患者さんの人数が非常に多く、一人一人に時間を割くことができませんでした。そのため、転職を希望しております」といった、まずご自身の希望を述べられるのはいかがでしょうか。

漠然としすぎている理由

理由として、「職場の雰囲気がよさそう」などといったことが挙げられると思われますが、やはり漠然としていて、「どこが?」とツッコまれる可能性もあるのではないでしょうか。

やはり、もう少し具体性を持たせた方がよろしいでしょう。「見学させていただいた時、ドクターやナース、コメディカルの方々の連携がよくとれていらっしゃる印象でした。こちらでならば、チーム医療が実現できると感じられました」といった、どの点をもって、どのように感じたか、といったことは説明すべきかと思われます。

自分本位すぎる理由

本音では「早く帰れそうだから」「当直回数が少なくて済むから」「前の病院より割りがいいから」といった理由が挙げられるかもしれませんが、やはりこうした自分本意な理由は避けるべきでしょう。

訊かれているのは、「ウチは、君にとってどんな魅力があるの?」という点です。しっかりとその点を踏まえて回答するようにしましょう。

もし面接にご不安であったり、より多くの求人情報をお求めでしたら、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などの求人紹介会社がオススメです。無料で求人先の情報や、丁寧なアドバイスをしていただけますよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。