経済的な理由が大半で「復職を望む」という社員の復職可否判定をどうすべきか【産業医マニュアル】

仕事を考える上で、やはり「食うために働く」という側面が大きいのではないでしょうか。もちろんそのことは否定しませんが、復職にあたって「経済的な理由」が前面に出てきてしまっている社員はちょっと注意が必要かな、とも思います。

「貯金もない、働かなければ生活できない」という訴えの社員さんもおられるのは確かですが、かと言って病状の快復が復職にあたって十分でない場合、「本当に復職して大丈夫?」とも思うわけです。

さすがに経済的な問題に踏み込んで「解決しよう」ということは産業医としては厳しいので、その点は人事労務担当者に相談は必要かと思われます。

その一方で、産業医としてどう対処したらいいかと言いますと、まずは「復職が可能な条件」を明示し、どこが条件的に足りないかを自覚してもらい、「それまでは復職を待ってください」と言うようなことがあります(条件としては、生活リズムが整っていること、復職する上で困らない程度の体力が快復できていること、通勤訓練が実施できていることなどを挙げたりします)。

ただ、それでも「じゃあ、先生はカネもない、生活もできない私に死ねって言ってるんですか」など、半ば脅しに近い言葉をかけられることもあります。その場合は、1~2週間単位の短期間で経過を確認し、「では、活動記録表の確認や、通勤訓練が実施できるか確認してみましょう。それがクリアできていれば復職OKと判断します」などと譲歩しつつ課題を提示したりしています。

ここでの注意点としては、通勤記録表の提出だけなどでは「本当に通勤訓練を実施しているか」といった確認ができないため、できれば「朝、一回会社に顔を出してくださいね」といったことを言っておくとよろしいかと思われます。

経験的にですが、やはり快復が不十分ですと、「2週間、通勤訓練を完遂できない」ということが往々にしてあります。その場合は「もう少し休養期間が必要ですね」と結論づけるということになります(完遂できない、ということで本人も納得することが多いです)。

もちろん、経済的な理由で背中を押されて「働こうと思った」という方も中にはおられますので、否定はしませんが、かと言って病状快復の確認が疎かになっていいというわけではないと思いますので、やはり「本当に快復してる?」ということは確認をすべきではないでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。