産業医の発言・暴言に「納得がいかない」「困っている」という社員の方へ

大阪地裁平成23年10月25日」の裁判で、産業医の自律神経失調症で休職中の者との面談における言動が問題視された旨の判決が下されています。この例で分かるように、産業医の発言が原因で、実際に訴訟となっているケースもあります。

実際のところ、産業医との面談の中で「酷いことを言われた」と内心思っていらっしゃる社員の方もおられるでしょう。結局のところ人と人の面談ですので、「合わない」と思うことも少なくないと思います。

さて、そうした産業医の発言・暴言に「納得がいかない」と思われた場合、どう対処すべきかについて今回は書いてみたいと思います。

1) 人事労務担当者に相談

一人で問題を抱え込んでおられている状態では、再面談に向かうのも苦痛でしょう。そのような場合、まず相談すべきは人事労務担当者でしょう。

そこでどのような発言が行われたのか、まず報告してみましょう。担当者が産業医に問題があると考えた場合、フィードバックがなされるはずです。

2) 産業医が複数名いる場合は、担当変更を依頼

「この産業医、合わないなぁ」と思うことはやはりあると思われます。その場合、産業医が複数名体制であるならば、担当変更を人事労務担当者に依頼するのも手です。

ただ、小規模の事業所などですと、なかなかそうはいかないと思いますので、あくまでも複数名いる場合が対象となります。合わないと思っていながら、面談を続けるよりは、やはり担当替えを願い出た方がよろしいのではないでしょうか。

3) 再面談時にも改められない場合

再面談でも産業医の態度・言動が改められないような場合は、録音しておくことも手です。さらにエスカレートする、もしくは声を荒げて怒鳴られるといったことがあれば、その音源を持って人事労務担当者に相談しましょう。さすがにそれならば人事も動いてくれるということもあるでしょう。

無断録音は望ましいとは言えませんが、あまりに度が過ぎた発言などがあるようでしたら、それもやむなしとも考えられます。

以上です。
本来は、社員の復職支援を行う立場である産業医が、妨げになっているのではシャレになりません。様々なケースはあると思われますが、それでも暴言などはあってはならないことです。もしお困りでしたら、上記をご参考にしてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。