ストレスチェックの高ストレス者面談で「ストレス要因」を上手く聞き出すコツ【産業医マニュアル】

日本労働衛生コンサルタント会機関誌に、「第13次労働災害防止計画」についての座談会の様子が掲載されており、ストレスチェックの高ストレス者面談で「ストレス要因」を上手く聞き出すコツについて書かれておりました。

労働衛生コンサルタントの山田琢之先生のコメントですが、この山田先生は面接のときに、以下のようなことをおっしゃるそうです。
「10 cmくらいのコップがあって、表面張力いっぱいいっぱいまで水が注がれています。そこから1滴、2滴水をこぼすと、水が溢れ出てしまいます。その状態を職場不適応、うつ病、うつ状態であるとします」
コップを心とし、水をストレスと見立てているわけですね。そのストレスが溢れ出ないように、「そのなみなみと水が注がれたコップから、水を1 cmほど減らすには、どのようにしたらいいでしょうか?」と質問するわけです。

そうしますと、普段ストレスを抱えているものの、上司の手前などでなかなか口にできないことを聞きだしやすくなる、とのことです。たしかに、「高ストレス」と言われていても、なかなかピンとこないですからね。イメージとして、「なみなみと水が注がれたコップ。あと数滴垂らされたらあふれ出てしまう。その状態がメンタル疾患の状態」と言われた方が分かりやすいと思われます。

こうしたイメージを持たせた上で、「さまざまな要因で抱えたストレス。その中で、どのようなことを軽減したらあなたは楽になりますか?」と質問するわけですね。いきなり「何にストレスを感じてるんですか?」と質問されて、なかなか答えることができないような社員さんにとっては効果的な方法であると思われます。

もしこうした産業医業務にご興味があり、常勤産業医を目指されるという先生方、もしくは転職をお考えの先生方で、求人情報をお求めでしたら、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

マイナビDOCTOR

といった人材紹介会社がオススメです。ぜひ複数ご登録いただき、より良い求人条件の企業にご応募いただければと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。