「就業制限」を延々と希望する社員への対応【産業医マニュアル】

「就業制限」とは、社員の体調などに応じて「時間外勤務禁止」「出張禁止」「夜勤禁止」などとすることを指しますが、当然のことながらずっとそのまま就業制限をかけつづける、といったことはあまりありません。

たとえば、メンタル疾患で休業した人で、「時間外勤務禁止」「出張禁止」といった就業制限で復職された場合、ある程度回復してきて業務の勘を取り戻してきたところで「時間外勤務 月20時間まで(1日1時間程度まで)」といった就業制限の軽減を行っていき、最終的には「就業制限なし」といったところまでもっていきます。

一つの目安としては、メンタル疾患の場合、6ヶ月で一区切りとし、就業制限解除、というところまでもっていくことを考えたりするわけです。

しかしながら、中には「まだまだ就業制限が必要です」と、延々と就業制限を希望される方がいたりするわけです。その場合、産業医として「いやいや、あなたもう必要ないでしょ」とはなかなか言いづらかったりします。

そこで一案としてですが
1) 上司・人事に問い合わせ、就業制限をかけ続けることに問題がないかを確認する。
2) 上記1) で問題があり、産業医としても就業制限をかけ続けることに懐疑的であれば、主治医に意見書/診療情報提供を求める。
ということを行うのはいかがでしょうか。現場が就業制限をかけることを容認しているようであれば、本人の希望通りかけ続けることも可能であり、それができなければ、その医学的・合理的な理由について主治医に確認をとる、という方法です。

やはり会社としても、「本人が必要と言っているから」という理由だけでは納得しません。やはり理由が必要であると思われますので、社員本人の同意を得た上で、主治医にお伺いを立てるということが必要となるでしょう。

基本的には、こうしたステップを踏む中で、社員本人も就業制限の段階的な解除に応じるということもあります。その意味でも、こうした措置をとっていくということには意味があると思われます。

もしこうした産業医業務にご興味があり、常勤産業医を目指されるようでしたら、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

マイナビDOCTOR

といった紹介会社で求人情報を調べることができます。ぜひ複数ご登録いただき、より良い求人条件の施設にご応募いただければと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。