60歳以上の医師も応募可能なオススメ人材紹介会社3社

70歳を超える大先輩の産業医が退職されましたが、最近になってまた業務に復帰されたと聞きました。その理由としては、「自宅にいてもつまらない」「家にいるくらいだったら、働いていたい」ということのようです。

悠悠自適な自宅での生活を思い浮かべていたそうですが、実際はやはり退屈で単調な生活で、早々に復帰されました。ただ、常勤ですと体力的に厳しいということで、その先生は非常勤、週に1~2度の勤務を行われています。

私自身で考えても、ずっと家にいるのは苦痛だと思います。60代になったとしても、元気な内は非常勤なら働いていたい、と思うのでしょうね。今回の記事では、「60歳以上の医師も応募可能なバイト求人」はどのようなものがあるのか調べてみました。

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア」には、そのものズバリ、「60歳以上OK 非常勤医師の求人」のチェックボックスがあります。

それで調べてみますと、
・老健施設の病棟管理
・外来
・透析管理
・眼底検査のみ
といったものがあるようです。どれも半日だけで切り上げられたり、体力面での心配がないように配慮されているようですね(おそらく、まだまだ元気な先生方も多いでしょうけども)。

医師バイトドットコム / 40代50代60代の医師転職ドットコム

同じ株式会社メディウェルの運営する、
医師バイトドットコム
40代50代60代の医師転職ドットコム
です。ご高齢のドクターを含め、幅広い先生方に合った求人を紹介してくれる会社ですので、まずは登録してご相談いただくと、希望の求人をご紹介いただけると思われます。

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTOR」には、「60歳以上OKの非常勤(アルバイト)医師求人」という検索ができるチェックボックスがあります。

こちらも、60歳以上のドクター募集に力を入れているようですね。ぜひ求人情報を見て、気になるところに応募してみてはいかがでしょうか。

以上です。
周りの先輩方を見ておりますと、65歳を超えてもバイタリティー溢れる方々ばかりで驚かされます(笑)まだまだマンパワーが足りない医療機関は多いと思われますので、ぜひご応募していただければと存じます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。