【後期研修医・専攻医向け】医師の外来バイト選びで「失敗した…」と後悔しないためのポイント

医師が非常勤バイト選びで重視するのは、まずは報酬、次に仕事(内容・量)だそうです。報酬に関しては求人票であらかじめ明示されており、それを承知の上で応募してくるから後悔しようがない部分であると思います。

一方で、仕事(内容・量)については、やはり「やってみないと分からない」という部分が大きいため、バイトに入ってみて「うわ、失敗した…」と後悔することが多いように思います。

特に外来バイトは非常勤で人気のあるものですが、その業務を左右するのは「1コマあたりの人数」「新患の割合」「専門性」であると思います。

「1コマあたりの人数」は、外来をやり慣れている方はイメージがつくかもしれませんが、1時間あたり2~4人だと、午前1コマ+午後1コマでおよそ20~30人程度になります。この人数は通常であると思われます。

ただ、「新患の割合」によっても変わってきて、定期処方を出すだけの通院患者とは異なり、一から問診や検査などが必要な「新患」の方の割合が多いと、かなり忙しくなる可能性があります。

この点、「常勤の先生の負担軽減のため、新患を多めにお願いします」といったことをあらかじめ言われることもあり、この点は求人票にあまり反映されない部分ですので注意が必要です。

あとは「内科」外来と謳っていますと、科にとらわれず色んな患者さんが来られることが予想されます。普段、あまり消化器系を診ていない状況で任される、ということもあったりしますので、「内科」として勤務するのか、あるいは「呼吸器科」で勤務するのか、その専門性をある程度持たせてくれるか否かというのは大きいです。

以上です。
リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリア医師バイトドットコムなどの有名求人紹介会社に登録の上、まずは求人を検索してみますと、なんとなくどのような条件の求人があるか分かってきます。その上で、上記のようなことを念頭に求人票を見ていただけますと、失敗が少なくて済むかな、と思います。ご参考にしていただけますと幸いです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。