コロナ禍で非常勤アルバイトを行っている医師の半数が「勤務日数の減少」を経験している現状-バイト先を変えるべき?【医師バイト】

m3.comに、「アルバイト減42.7%、3~5月ゼロも10.6%」という記事が掲載されていました。

新型コロナウイルスによる影響で、非常勤アルバイトを行っている医師の42.7%が3~5月の間に勤務日数の減少を経験しており、「0日」という医師も10%いたそうです。当然、それにともなってバイトの給料も減少している方が多いようです。

コロナ禍で影響を強く受けているところでいいますと、クリニックや病院の外来バイト、健診バイトなどが挙げられます。

特にクリニックは受診者数の減少がダイレクトに響き、「辞めてもらえませんか?」と退職を促されたというドクターも結構いらっしゃったようです。また、健診バイトも「健診を延期する」という企業、個人も多かったようで、当然のことながら「バイトがない」状況を経験したドクターもいたようです。

一方、私自身は病院での外来バイトを行って行っており、幸いにして「バイト日数を減らしてください」とは言われておりません(ただ、患者さんの数が減少しているので、あまり長期処方を行わない、新患を積極的に引き受けるようにといった依頼はありました)。

やはりコロナ禍の影響を強く受けるバイト、受けにくいバイトはあるようです。5月になってもバイト日数の改善が見られないところもあるようで、影響を強く受けたところは改善が遅れているようです。

バイト先ということであれば、常勤先を変更するということではないので、一大決心をして変えなければいけない、ということではないと思います。ですので、これを機に「よりよい条件で、コロナ禍の影響をあまり受けていない求人」を探すのも手だと思います。

ただ、自分で探すのはなかなか難しいもので、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などの求人紹介会社のエージェントにご相談いただいた上で検討することをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。