取得する苦労とメリットが見合う専門医、見合わない専門医の違い

医師転職ドットコム」 内に、「<診療科別>医師1,637人が考える「専門医」の価値とは?ー医師アンケート結果より」という記事が掲載されていました。

2018年3月~5月にかけて実施した専門医の取得理由やメリットに関するアンケート結果についての記事ですが、まず専門医取得率が高い科は「脳神経外科、消化器外科、救命救急科、小児科、神経内科」だったそうです。その一方、「総合診療科、内科・総合内科、精神科、皮膚科、内分泌・糖尿病・代謝内科」では専門医の取得率が低い傾向にあったとのこと。

この点も、専門医の先生方には大変失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、「今日から総合診療科の外来担当」というのはなんとなくイメージできますが、「今日から脳外科医として勤務」というのはとてもじゃありませんがイメージできません。やはりその点、専門性や専門医資格というのが重視される科があるというのはたしかでしょうね。

さらに、上記の記事には
・取得や更新の労力・費用に対する専門医のメリット
・他の医師の能力を評価する際の「専門医」という指標の有効性
・脳神経外科・放射線科では重要、総合診療科・精神科では重要でない―診療科別の「専門医」資格の重要性
などの視点で書かれていました。

「専門医を取得=それなりのレベルが担保されている医師」というのはたしかでしょうけども、ただ専門医であるからといって「医師の間でリスペクトされる」もしくは「給料・地位面で恩恵を受ける」こととは別問題であることが読み取れます。

中には「資格マニア」的に、いくつものサブスぺを取得・維持されている先生もおられますが、その対費用効果を考えると、本当にメリットがあるか、少々疑問を感じてしまいます。

新専門医制度が走り出したこともあり、さらに専門医を取得するハードルは高くなりました。何にでもコスパを求めるのは問題でしょうけども、そこはしっかりとメリットを見極めた上で取得を目指す、ということが今後、さらに重要になりそうですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。