医師の転職活動、「希望をしっかり伝える」ことの重要性

m3.comで、「初めて転職する医師が知っておきたい、病院探しのコツ」という記事が掲載されていました。

中小規模の病院で、麻酔科の常勤医をしておられたという女医さんの書かれた記事ですが、

・当直、オンコールなし

・週4~4.5日勤務

という条件で入職したそうですが、徐々に執刀医の数、手術件数が増えていき、それに伴い残業も増え、さらには麻酔科医が減るという悪循環に陥ってしまったそうです。

この状態で転職を考えるようになり、

・できれば自宅から行きやすい

・当直、オンコールなし

・週4~4.5日勤務

・オペの入れ方に余裕を持ち、患者さんを術後も十分にケアできるところ

という条件を提示し、人材紹介会社にご相談なさったそうです。もちろん、全てを満たす求人はなかなかなかったそうですが、それに近い求人はいくつかあったそうです。

やはり思うのですが、「本当の希望」を伝えない限り、人材紹介会社も希望に沿った求人情報を提示できません。むしろ、しっかりと希望を伝えるべきなのです。そこで遠慮していてもしょうがありません。

「そんな求人ないよ」と、最初から自分で諦めていませんか?それを回答するのは人材紹介会社であって、先生ではありません。

あまりに現実離れしていれば、条件の見直しをすればいいだけです。それもエージェントと相談しつつ行いましょう。

繰り返しになりますが、希望を整理し、譲れない条件をぜひエージェントに伝えてみましょう。そこから転職活動は始まります。

まずは

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

マイナビDOCTOR

などの人材紹介会社に登録してご相談なさってはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました