医師の転職活動、待遇・給与は事前にコンサルタントと相談しましょう

スポンサーリンク

転職活動時、待遇・給与は非常に気になり、大事なところだと思いますが、その交渉はいつやろうと思ってますか?

「面接の時に」とお考えの先生は、やめておいた方が無難です。実は、お金に関することを面接の場で相談・交渉すると、破談になりやすいそうです。

できることならば、担当となったキャリアエージェントに、病院側と事前に交渉していただいておいた方が無難です。関心事となるのは、給与や、休日、当直回数などでしょうけども、こうしたことをあらかじめ打ち合わせしておくと、面談の場面でもスムーズに話が進みます。

人材紹介会社に依頼すると、こうした点で非常に有利です。一方、一から自分で探して面接に臨んだり、知人からの紹介だったりすると、自分で交渉しなければならず、大変です。

聞きづらい質問も、キャリアエージェントを通していると、不思議と楽に訊けるものです。逆に言えば、しっかりとキャリアエージェントと打ち合わせしていないと、面談の場で「こんなはずじゃなかった」「折り合いがつかない」といった話にもなりかねません。待遇・給与について、事前にキャリアエージェントと相談しておきましょう。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました