「ヒアリ」に刺された患者さんへの対処方法「ハチ刺傷を念頭に対処法をおさらい」

「ヒアリ」が、国内でも兵庫県尼崎市、神戸市だけでなく、東京都などでも発見されているようです。今後は、外来や当直中に「ヒアリに刺された(かもしれない)」と訴える患者さんがやってくることも十二分に考えられますね。

さて、そのような患者さんがいらっしゃった場合、どのように対応すべきか、今回は書いてみたいと思います。

軽症の場合

軽症とは、局所に症状がとどまっているような状況です。

ヒアリに刺されますと、刺された瞬間から熱感・疼痛などが起こります。そのため、一般的なハチ刺傷と同様に、
1) 局所を冷却、抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤などで疼痛や腫脹対策を行う。
2) 少なくとも30分程度はしっかりと安静にさせ、体調に変化がないか確認。
といった対処が考えられます。

特に、ヒアリの毒は、アルカロイド毒だけでなく、ハチ毒にも含まれる成分が含まれていることもあり、ハチ毒と交叉反応を起こすことが十二分に考えられます。

そのため、上記処置とともに、「過去に、ハチに刺されてアレルギーを起こしたことはありますか?」という問診は大事かと思われます。

中等症~重症の場合

中等症以上とは、刺された部位から腫れが広がったり、かゆみ、発疹、呼吸困難感などがみられ、全身的な症状が広がっているような場合です。

そのような場合、
1) まずは気道確保・酸素吸入、モニター下で管理
2) ルート確保、抗ヒスタミン薬やステロイド投与
などが必要であり、なおかつアナフィラキシーショックに陥っているようであれば、アドレナリンの筋肉注射を行うことが必要になってくると考えられます。

ヒアリの毒性としては、それほど致死性というわけでもないため、怖いのはアレルギー症状、アナフィラキシーショックといったところでしょうか。基本的には、ハチ刺傷を念頭に考えて対処すればよさそうですね。

一方で、「本当にヒアリに刺されたの?」という確認も重要です。

もし当直や救急外来での対応を求められたら、「噛まれたとおぼしきアリを、潰したあとでも良いので、小瓶などに入れて持ってきてください」という指示もお忘れなく。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。