海外派遣されている社員の産業医による過重労働面談やストレスチェックはすべき?

スポンサーリンク

最近ですと、海外派遣を行う社員さんも珍しくなくなりましたね。アジアや北米、北欧など、さまざまなところに行かれていらっしゃるようです。

そんな中、昨今注目されるようになった「過重労働面談」や、最近導入されるようになった「ストレスチェック」ですが、これらは海外派遣されている社員さんには、実施すべきなんでしょうか?

ですが、「なかなか帰国するタイミングが、産業医のスケジュールと合わない」などということもあり、結構難しかったりします。スカイプなどでの遠隔面談などを実施することも可能ですが、それが果たしてどこまで有用なものなのか、といった疑問もあったりします。

そもそも、法律にはどのように規定されているか、という問題もあり、調べてみましたが、労働安全衛生規則45条の2には、「海外に6ヶ月以上派遣する者については派遣前後の健康診断の実施が事業主に義務づけられている」わけですが、それ以外の規定はなかったりします。

すなわち、健康診断やストレスチェックについての規定は、海外派遣している社員さんには及ばない、「実施についての規定はない」ということになります。

この点、まだまだ法が現実に追いついていない点ではあると思われますが、メンタルヘルスについての対応は必要であると考えられます。特に、着任時は慣れない環境ということもあり、ストレスがかかりやすい時期です。その点、ぜひ現地に巡回される担当者との連携などをしっかりしたいものですね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました