通勤訓練できていたのに…すぐに再休職してしまった社員のウソ【産業医マニュアル】

1ヶ月ほどうつ病で休職した社員が復職するということで、1日をどのように過ごしていたのかという「生活活動表」を記してもらいつつ、会社に定時までに出勤してもらう「通勤訓練」を実施することになりました。

生活活動表では、夜寝ることができていて、なおかつ起床時間も一定。さらに日中も散歩したり勉強をしたりと、活動量もまずまずなようでした。通勤訓練も毎日できており、2週間やりきりました。

「では、復職を」ということになりましたが、その社員、すぐにまた再休職してしまいました。私としても「え?生活リズムも整っていたし、通勤訓練もできていた。復職にあたっては業務負荷も軽減してもらったし…なぜ?」という思いでしたが、まもなくしてあることが判明しました。

それは、「昼夜逆転が直らず、生活リズム表にウソを記載していた。さらに、ほぼ夜通し寝ずに出社して通勤訓練を行って、順調であると見せかけていた」ということでした。

出社後、図書館やカフェなどに行って勉強していたというのもウソであり、すぐに家へ帰って横になって寝ていたとのことです。まさに本末転倒とはこのことであり、「しっかりと生活リズムを整えた上で通勤訓練をやらないと意味がないですよ」と注意し、またしばらくの再休職後に復職を目指すということになりました。

「患者はウソをつく」ということで、話を聞く際にある程度は疑ってかかるのも必要とは思っていましたが、「社員もウソをつく」と思って、「本当に順調に通勤訓練などが行えているのか」といったことを確認する必要があるのだと思い知らされました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。