「緩和ケア」を初期研修で学ぶ重要性-ローテート研修できるならぜひ経験を

緩和ケアを専門とする医師は少ないですが、実は多いのが緩和ケアを必要とする患者さんとの接点です。がん患者の診療を行う際、避けては通れないのが末期がん患者さんへの対応であり、がん治療に関する知識は患者さんレベルでも上がっており、今後はさらに「緩和ケア」を求める人は多くなるのではないかと考えられます。

日経メディカルの記事「若い医師ほど誤解が少ない緩和ケア」によると、緩和ケアは1次~3次に分類され、
・1次緩和ケア:全ての援助者が携わる
・2次緩和ケア:緩和ケアチームが携わる
・3次緩和ケア:専門医療機関(緩和ケア病棟)が携わる
となっているそうです。

臨床内科医・外科医であると、1~2次緩和ケアを実施することになりますね。そこで、若いときから緩和ケアについての知識をもち、研修を行うことは重要なことであり、「将来役に立つスキル」となるわけです。

緩和ケア科があり、ローテート研修できるところもあるそうですので、もしそのような研修が受けられるのならば、ぜひ経験されることをお勧めしたいと思います。緩和ケア科を将来志すということではなくても、その経験は絶対に無駄にはならないと思います。

マッチングを控え、初期研修を行う病院選びで迷っているならば、そうした視点も少しご考慮いただけるといいかもしれませんね。「民間医局」などの初期研修医用の情報サイトで情報収集する上で、ご検討いただければと思います。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事