「英語で診療」ができるようになりませんか?オンライン医師向け英会話なら「医学英語アカデミー」がオススメ

外来や当直で、たまに海外の方が受診されてきて、「英語で診療」が求められたりします。そんな時、片言でなんとか診療を行った後に、「英語、勉強しておけばよかった…」などと思ったりします。

ですが、チラっと書店で英会話本を読んだところで、「これで勉強したところで、診療できるわけではない…」と思い直したりします。

やはり、「英語で診療」のためには専門の英会話教室で勉強するわけですね。そこでオススメなのが「ELTO(エルト)の医学英語アカデミー」です。

「生徒がドクター役となり、講師が患者役となってのロールプレイを行います。実際の医療現場でのコミュニケーショントレーニングを実践形式で行う」とのことで、まさに実践的な訓練が行えるわけですね。

さらには、「アメリカの医療資格取得を目的とした専門学校講師が一から作成している」とのことで、「現地の医療現場で実際に使われている単語や表現が数多く収録」されているそうです。

「そうそう、こういうのを待っていた!」という感じですね。私もさっそく「ELTO(エルト)の医学英語アカデミー」から無料体験に申し込んでみました。

無料でも、教材動画見放題、オンラインレッスンを2回まで体験できるということなので、じっくりと吟味できそうですね。試してみませんか?その一歩が、「英語で診療」のための大きな一歩となりうるかもしれませんね。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事