医師のための転職ナビ

医師のための転職・就職支援情報サイト

発達障害の社員により職場で起こりうるトラブル

   

成人期における発達障害は「自閉症スペクトラム(ASD)」「注意欠陥多動性障害(ADHD)」に大別されますが、そうした社員により職場で起こりうるトラブルとしては、雑誌『週刊 日本医事新報』の「職場における発達障害者への対応と支援」記事に以下のようなものが掲載されていました。

1) 上司や同僚がいったことが理解できない。
2) 相手に上手く伝えることができない。
3) 好ましくない言語表現をし、相手に不快な思いをさせてしまう。
4) あいまいな言動は理解できない。
5) 相手の気持ちを無視して、自分の好きなことだけを喋り続ける。
6) 自分勝手な行動をして、周りから嫌がられる。
7) 感情的になりやすく、かんしゃくを起こす。
8) 場の空気が読めない人が多いため、人間関係に支障をきたしてしまう。

などだそうです。

特に、発達障害の就労上の問題はASD者に多く、そもそも「学歴は高くても、就職面接で上手く対応できない」といったことや、「就職活動したとしても、対人関係でつまずく」「離職を繰り返す」といったことに陥りやすいとのこと。

それ以外にも、たとえば「1) 上司や同僚がいったことが理解できない。2) 相手に上手く伝えることができない。3) 好ましくない言語表現をし、相手に不快な思いをさせてしまう」といったことであれば、取引先の企業の担当者や顧客をたびたび怒らせてしまう、といったことが起こりえますね。

また、「アポを忘れてすっぽかしてしまう」「上司の指示や」仕事上のミスを繰り返してしまう

また、「6) 自分勝手な行動をして、周りから嫌がられる。7) 感情的になりやすく、かんしゃくを起こす。8) 場の空気が読めない人が多いため、人間関係に支障をきたしてしまう」あたりだと、確実に「職場で浮いてしまった存在」になりえます。結果、職場に居づらくなってしまう、ということが起こりうるわけですね。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
「転職のリクルート」らしい、きめ細やかな対応が望めます。まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
医師ポータルサイトで有名ですね。企業への交渉力もあり、条件交渉などの相談にもしっかり乗ってくれました。
詳しい説明はこちら
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングをしっかり行った上で、転職支援を行ってくださいます。
詳しい説明はこちら
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりは強く、医療機関への転職という面ではサポートが厚く得られそうです。
詳しい説明はこちら

 - 産業医情報