社員が発達障害と診断された-で、会社・産業医としてはどう対応する

最近では、発達障害のことがテレビ番組等でも報じられるようになり、認識はされるようになってきたのではないでしょうか。それにともない、受診して「発達障害と診断された」というケースも増えてきていると思われます。

その一方で、社員が「発達障害と診断された」として、その後、どうすべきかという問題が残っています。認識されつつあるということとは別に、「会社として、どう対処すべきか」という問題は未だ残されたままです。

そこで今回、雑誌『週刊 日本医事新報』に、「職場における発達障害者への対応と支援」という記事を拝読したのですが、そこに職場における「合理的配慮」というキーワードで解決策が一つ提示されておりました。

合理的配慮とは、「障害のある人の人権が、障害のない人々と同じように保障されるとともに、教育や就業、その他、社会生活において平等に参加できるよう、それぞれの障害特性に合わせて行われる配慮」のことだそうです。

その配慮を行う上で、以下のようなポイントで判断してみてはどうか、と上記記事
には掲載されていました。

1) 事業活動への影響の程度
2) 実現困難度
3) 費用・負担の程度
4) 企業の規模
5) 企業の財務状況
6) 公的支援の有無
の6点です。発達障害において、特に関わりが大きいのは、上司・同僚でしょう。上司・同僚の負担を考慮し、その上で「本人が特性上、できないことは求めず、できる工夫を促す」という方針で考えていくということでしょうか。

ですが、その上でなお勤務困難ということであれば、異動などを検討していかねばならないでしょうね。

なお、「発達障害の確定診断がついたら、障害者雇用に切り替わるのか?」と疑問に思われる方も多いようですが、上記記事のQ&Aには「確定診断のみで切り替わるのは一般的ではない」「前提として主治医の診断をもとにした障害者手帳の取得が必要」とのことです。

切り替えにあたっては、雇用形態、賃金体系などを本人・家族が理解した上で切り替えるべき、とのことでした。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。