後期研修中の「転科」は決意したらすぐ行うべき理由

私は後期研修中に産業医になりましたので、これも一つの「転科」に近い形ではないかと思われます。実際のところ、「やっぱり合わない」と思って「転科」する方は少なくないのではないでしょうか。

というのも、初期研修でローテして数ヶ月経験したところで、専攻した科のことがどれほど分かるのか、という問題があります。また、初期研修医では「お客さん」であっても、後期研修医では「一戦力」として扱われます。そうした扱いの違いにも戸惑うことは多いのではないでしょうか。

結果、「やっぱり合わない」と思って転科を考え始める方も出てくるわけです。ただ、転科となるとなかなか決意して行動を起こすまでに時間がかかったりします。今後の人生を左右する決断であると思うと、なかなか踏み切ることができないというお気持ちも分かります。

ですが、結局のところ「たかが転科」でもあるのです。転科してみて、「やっぱり元の科が性に合ってる」と思えば、元の科(同じ職場ではないですよ)に戻ればいいだけの話です。また、「単に、前の職場が合わなかっただけ」ということが見えてくることもあります。

やはり、一度元の場所から離れてみないと、客観的に「自分にどんな科が合ってるのか」なんてことは分かりません。ですので、迷ったらきっぱりと転科してみて、リスタートすることもいいと思います。

「せっかく後期研修始めたんだから、専門医取得まで…」なんて思ってると、ますます転科できなくなります。転科するなら、後期研修中であると私は思っています。

もし新たな研修先を探すのでしたら、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

といった転職支援サービス会社のキャリアエージェントに御相談されることをお勧めします。やはり自分のことであると、なかなか客観視は難しいと思いますので、他の方の意見を聞くべきであると思います。

オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事