夏のアウトドアでウルシかぶれに困った時の8つのポイント

キャンプや山登りなど、アウトドアの楽しい夏~秋のシーズンですが、顔や手のかぶれで大変な思いをされた方もおられるのではないでしょうか。たとえば、ウルシの仲間には、ウルシ、ヤマウルシ、ハゼノキ、ヤマハゼ、ヌルデ等があり、触るとかぶれることがあります。
urushi
ウルシなどが分泌する油が皮膚に付着するとかゆみなどが出現し、かぶれてしまいます。その時にすぐにできる対処法について、米国皮膚科学会(AAD)が「Treating poison ivy: Ease the itch with tips from dermatologists」に掲載しています。

具体的な方法としては、

1)接触した部位の皮膚を直ちにぬるま湯と石鹸で洗う。
2)接触時に着用していた衣服を全て洗う
3)ウルシ油が付着したと思われるものを全て洗う。
4)発疹を掻かない。
5)水泡を破らない。
6)ベーキングソーダを加えたぬるめの風呂、または低温のシャワーを短時間浴びる。
7)掻痒にはカーマインローション、軽度であればヒドロコルチゾンを塗り、冷水で湿布する。
8)掻痒の軽減には抗ヒスタミン剤を「服用」する。局所抗ヒスタミン剤は発疹や掻痒を悪化させる可能性があるので使わない。

以上です。

まずはウルシに触れないようにし、アウトドアではできうる限り長袖・長ズボンで過ごされた方が良いようです。予防と対処法について確認の上、楽しいアウトドアをお楽しみください。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。