産業医マニュアル

社員から「信用できない」「相談してもムダ」と思われてしまう産業医の3つの特徴

産業医の重要な業務として、社員さんとの面談があります。具体的には、休職していた社員さんの復職可否を判定する面談、復職後のフォローアップを目的とした面談、長時間勤務者の面談、ストレスチェックで高ストレスと判断された方の面談などがあります。 ...
医師転職の基本

「やる気なし」研修医が安定した医師人生を送る上での生存戦略

私は初期研修医の頃から「今日は定時で帰れるかな」といったことばかり考えておりましたし、同期がこぞって当直に入る中、「文句を言われない、最低限の回数だけ」していたという状態でした。 とにかく「勤務医」であることがイヤで、「専門医資格を取...
産業医になるには

「専攻医を辞めようか、どうしようか…」と悩んでいる時に認定産業医の資格を取得しておくことのススメ

私が後期研修医を「辞めようか、どうしようか…」と思っていた時、当然のことながらとても悩みました。当然ながら将来を左右する選択ですので、「どうしたものか」と逡巡し続けていました。 しかしながら、「悩んでいる」状態というのはグルグルと回り...
産業医になるには

「産業医に昇進・昇給はあるのか?」という質問に現役産業医が答えます

産業医の世界というのは、やはり臨床医の先生方には「どんなところなの?」と疑問に思われるようです。実際、私も産業医になりたての頃は分からないことだらけだったように思います。 今回、「産業医に昇進・昇給はあるのか?」と質問されたため、実際...
産業医になるには

「初期研修を修了した直後」に産業医になるのは可能?目指すとしたら注意しておきたい3つのポイント

「初期研修を修了し、すぐに産業医になることはできるのか?」と疑問に思われる方もおられるようです。実際、初期研修中に認定産業医の資格を取得している人もいるわけですが、「研修を修了した直後に産業医になる」人はたしかに稀です。 ですが、新専...
産業医になるには

産業医として「週3~4日勤務」で働く上で注意すべき3つのポイント

産業医の求人を見ていますと、「週勤務日数」が結構な幅があるのに気づくと思います。週5日勤務だけでなく、「週4日勤務」または「週3日勤務」で働くこともできます。 「それなら、週3日産業医として勤務して、2日は非常勤バイトでもすれば儲かる...
医師転職の基本

医師の「人材紹介会社」へ登録しておくことによる3つのメリット

私は後期研修時代、カンファレンスが始まるのを待っている時、ふと「人材紹介会社で転職ってできるんだろか?」と思ってスマホで調べていました。そこで、「求人を教えてくれるのかな」と思い立ち、軽い気持ちで登録しました。 そこからカンファレンス...
産業医になるには

「なぜ産業医になりたいのですか?」という志望理由・志望動機を説明する上で踏まえるべき3つのポイント

「なぜ産業医になりたいと思うんですか?」という質問は、やはり多くの企業の採用面接で聞かれます。 面接では、やはり仕事への熱意であったり、真面目で仕事へ真摯に向き合う人柄なのかどうか、といったところを採用側は見たいと思っているはずですの...
産業医になるには

「医者を辞めたい、やりがいがない」と思った時に考えるべき3つのポイント

私は初期研修医の頃から「辞めたい…」と毎日のように思っていました。後期研修医になったらその状況も変わるかな、と思っていましたが、変わらずに結局はドロップアウトする結果となりました。 医師という仕事をしていて、少なからず患者さんやご家族...
産業医になるには

専攻医をドロップアウトして「産業医になるべき人、なるべきではない人」の3つの違い

私もまさに、後期研修医(以前は専攻医をこう呼んでいました)をドロップアウトして産業医になりました。そこから約10年、産業医を続けているということから、私自身は「産業医になってよかったなぁ」と思っています。 一方で、たとえ産業医になった...
タイトルとURLをコピーしました