産業医になるには

産業医になるには

認定産業医に「最短でなる」ために必要な経費は16~19万円

産業医になるために、「認定産業医」になることを選ばれることがほとんどだと思います。そこで、以前の記事でも書いた通り、 STEP1:「産業医科大の集中講座」を受講して単位取得・申請 ↓ STEP2:転職活動の開始 ↓ S...
産業医になるには

産業医の「週5日勤務」をマストとする求人のデメリットとメリット

産業医の求人ですと、「週3日勤務」から「週5日勤務」までと、その日数は企業によってバラバラです。中には、「週5日勤務が望ましいが、週4勤務も交渉可」などとしているところもあります。 「それは勤務日数が少ない方がいいでしょ」と思われるか...
産業医になるには

ドロッポ医から産業医になるための転職で踏まえておきたい3つのポイント

私は、後期研修医の時にドロップアウトし、気が向いたらスポットのバイト(インフルエンザ予防接種、健診、透析のバイトなど)をするという生活を送っていました。 なお、ドロッポ医生活に至るまでの経過については、 こちらの...
産業医になるには

「臨床医に向いていない」と分かってても、なかなか産業医になると踏み出せなかった3つの理由

私は後期研修医をドロップアウトして産業医になったわけですが、初期研修医の頃すでに「自分は臨床医に向いていない」と自覚していました。 やる気もなければ物覚えも悪く、その上、可愛げもないと三拍子が揃っており、指導医を怒らせてしまうこともし...
産業医になるには

産業衛生専門医資格が取得できる企業の求人がリクルートドクターズキャリアで掲載されています(2022年4月現在)

リクルートドクターズキャリアで、産業衛生専門医の資格取得ができる企業の求人が掲載されています(2022年4月現在)。 産業衛生指導医が複数在籍しているということであり、その指導を受けることができます。産業医未経験であっても応募すること...
産業医になるには

医師として、産業医として「パズル」のようにピタッと自分に合った仕事場を転職で探し続けてきた10年

私が後期研修をドロップしてから、約10年経過しました。もちろん望んだことではありませんが、約3年ごとに別の企業へと転職を繰り返しており、現在は三社目の産業医として働いています。 このあたりの経験談については、 ...
産業医になるには

産業医として転職する上で実は大事な「企業が産業医に求める期待値」という問題

私は3社の企業に転職しており、仕事の仕方も、産業医としての働き方も違うなぁと思っております。 便宜上ですが、入職順にそれぞれをA社、B社、C社としますが、B社にいる時が最もしんどいと感じており、現在のC社がとても居心地が良いと感じてい...
産業医になるには

初めての産業医転職で最低限やっておくべき3つの採用面接対策

産業医の面接対策は、基本的には一次面接・二次面接と勤務医の転職よりも回数が多く、なおかつ内定を得るのは難易度が高いというのは覚悟しておく必要があります。 さらに、未経験ということですと、産業医になるためのハードルはさらに高くな...
産業医になるには

未経験で産業医へ転職する際に「希望年収へ届かない求人」も検討すべき3つの理由

転職を考える際、「希望年収」というのは求人を選定する上で非常に大切な要素です。仕事である以上、やはり労働の対価を当然もらうわけであり、「希望年収に届かない」求人は最初から検討する対象から外してしまう可能性があります。 しかしちょっと待...
産業医になるには

産業医転職ではネットの口コミ・評判・ランキングなど気にせず「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」にしておくべき理由

産業医への転職をお考えの方から、「求人を紹介してもらいたいと思っているのですが、どこの人材紹介会社に登録すればいいでしょうか?」「○○という会社は、医師転職のランキングサイトで1位のようなんですが、どうなんでしょう?」などといったことを相談...
タイトルとURLをコピーしました