医局を出来る限り穏便に辞めるための3つのポイント

医局に所属していて、転職するために「医局を辞めたい」となった場合、できることならば穏便に辞めたいものですよね。特に、同じ地域で働くともなれば、しこりを残したまま辞めるというのは、できるだけ避けたいものです。

それ相応のキャリアがあり、それなりのポジションにいる場合、やはりおいそれと「辞めてよし」とはなりにくいものです。とはいえ、転職するためにはどうしても医局を辞めるという決断が必要になるわけですね。

そこで、医局を出来る限り穏便に辞めるポイントについて、書いてみたいと思います。

1) 言い出すタイミング

4月に人事異動が行われることが多いですが、その人事がおおよそ固まってくる間際になって言い出すのは、やはりタイミングとして最悪と言わざるを得ません。

ぜひ、人事が固まる前の段階にあらかじめ言っておく必要があり、なおかつ辞めるタイミングの3~6ヶ月前には伝えておく必要があると思います。たとえば、4月の新体制が固まるのが1月頃だとすると、その3~6ヶ月前だとすると、前年の7~10月頃には伝えておくことがオススメだと思います。

ただ、異動の時期だけでなく、「A先生が病気で倒れたらしい」「B女医が妊娠・出産で勤務が制限されるらしい」といった医局の状況にしっかりと気を配り、言い出すタイミングを推し量るにも重要だと思われます。

2) いきなり教授ではなく医局長に相談

いきなり教授に話をする、となると、言い出す側もプレッシャーを感じやすく、上手く話ができない可能性もあります。また、実際の医局運営を行っているのは医局長のケースが多く、実情を把握している医局長に相談するのが得策とも言えます。

そこで、まずいきなり教授に話をするのではなく、医局長に相談し、様子を伺うのが良いのではないでしょうか。

3) 医局の状況への配慮をしつつ切り出す

どこでも人手が足りない状況であり、できることならば、「実は転職を考えています。今、医局が厳しい事情も分かりますので、できるならば半年後頃には辞めさせてください」といった、医局の状況への配慮をしつつ切り出すのが望ましいのではないでしょうか。

また、すでに人事が固まっており、今回の人事では辞められそうにない場合は、次の人事異動の際に辞める、といった、タイミングを伺うことも重要だと考えられます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。