マイナンバー制度で医師の「隠れアルバイト」も暴かれる-確定申告はしっかりしましょう

スポンサーリンク

マイナンバー制度が導入され、戦々恐々としているのは、確定申告をしてこなかった先生方じゃないでしょうか。

先生方もご存知でしょうが、勤務先の病院が1つだけの場合、年収が2,000万円を超えない限りは、確定申告の手続きを行う必要はありません。ですが、2つ以上の収入源、すなわち他院で当直バイトなどを行っている場合、確定申告をする必要があるわけです。

マイナンバー制度の導入で、バイト収入もガラス張りとなります(以前から、バイト先から報告されていたとは思いますが、今まで以上に給与の流れが分かりやすくなるというわけです)。

コッソリとバイトをして、申告していない場合、無申告を指摘されて大変な目に遭います。無申告加算税は、最大で20 %であり、遡って考えるのも恐ろしい額を払わされるケースもあります。

要は、真面目に申告していれば問題ありません。
もし「勤務先にバイトがバレるのが怖くて…」と思われているのならば、「住民税・事業税に関する事項」で、住民税の徴収方法を「自分で納付」にチェックを入れておけば、会社に、副業の収入に対する住民税の通知はいきません。

勤務先に発覚するのは、こうした住民税が原因だそうです。ここさえクリアしておけば問題ないと思われます。申告しないでビクビクしているよりは、申告して納税する方がよっぽど良いと思いますよ。

白色申告であれば、簡単に計算できますし、書類を作るのも簡単です。もし後期研修医の先生で、バイトを始めたばかりならば、確定申告も忘れないようにしましょうね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師バイト情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました