開業医になるなら40代まで-開業するまでの勤務医としての過ごし方3つのポイント

将来的に開業医になろうとしている先生方、勤務医として勤められている中で、「今後、どのように過ごすべきか?」というのは考えたことがありますか?

たとえば今、20~30代の先生で、「40代には開業しよう」と思っている場合、どのような準備が必要なのか、分かっていらっしゃる先生方は少ないと思います。直前になり、最後の1~2年で準備をして開業、という方が多いように思われます。

「多忙な普段の勤務でいっぱいいっぱいになり、そんな先のことなんか考える余裕がない!」という状況は分かりますが、もし開業をご検討されているのなら、ここで一度、近い将来について考え、勤務医として過ごす上での3つのポイントについて今回は書いてみました。

1) 専門医資格・スキル取得

まず、専門医資格やスキルの取得という面から考えてみましょう。これらは開業までに取得可能でしょうか?

症例集めや、試験勉強など、先延ばし、先延ばしにしていると、後々になって困ることもあります。できることならば、早めに取得しておきましょう。また、どんな専門医資格が必要なのか、将来、自分が開業する際に標榜する科のことも考え、見直すことも重要だと思われます。

2) 開業資金・返済計画

開業する上で最も重要なのは、資金繰り・返済計画などですね。クリニックなどの規模、科にもよると思いますが、どれくらいの開業資金が必要で、用意できる資金(貯蓄)、銀行から借りられる資金はどれくらいなのかなど、あらかじめ考えておく必要がありますね。

内装費や医療機器、運転資金、医師会入会金、広告宣伝費…などにお金がかかっていきます。さらには、スタッフの人件費など、スタートアップにはお金の問題が次々に降りかかってきます。

たまに「資金ゼロで開業しました」という方もいらっしゃいますが、全て融資でまかなえる人は少ないでしょうし、やはり開業後のことを考えれば、全て借金として背負うのはリスクが大きいと思われます。貯蓄は今から、少しでもしておくことが重要です。

3) 人脈形成

全くの見知らぬ土地に開業する、という方は少ないのではないでしょうか。勤務医として勤めていた地域の近くに開業するというケースが多く、そこでモノを言うのが、患者さんの受け入れなどをしてくれる後方支援病院などでしょう。

そのため、勤務されている病院で、できるだけ”悪評”などが立たないよう、気をつける必要がありますね。開業後も人付き合いは重要であり、「勤務医として上手く人間関係が築けなかったら、開業後も苦労する」と思った方が良いでしょう。

以上です。
もし、専門医取得が困難であったり、将来のために地域を変えて勤務医を行いたい、などとご希望があれば、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」に登録し、キャリアエージェントに相談して転職されることをお勧めしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。