まだ間に合う!産業医になるための研修会まとめ[2015年8月時点]

日本医師会の認定産業医になるためには、指定の研修を受け、単位をとる必要があります。おさらいですが、以下の単位、合計で50単位以上の修得が必要です。

■前期研修14単位以上
なお、この14単位は
・総論2単位
・健康管理2単位
・メンタルヘルス対策1単位
・健康保持増進1単位
・作業環境管理2単位
・作業管理2単位
・有害業務管理2単位
・産業医活動の実際2単位
という指定されたものをとる必要があります。

■実地研修10単位以上

■後期研修26単位以上

一括して単位がとれる自治医科大、産業医科大学の研修会参加が望ましいですが、それが叶わない人に関しては、「研修会情報一覧」を参照し、こまめに研修会に出席する必要がありますね。

実地研修、後期研修については、単に単位数が足りていればOKなので、面倒なのは前期研修の単位ですね。

そこで、前期研修14単位が取得可能な研修会を以下にまとめてみました。こちらに関しては、年内に間に合いますね。これらを受けつつ、それ以外の実地研修、後期研修を受けて単位を集めれば良いわけですね。ちなみに、前期、実地、後期は順不同で取得しても問題ありません。後期を受けてから前期、というのも可能です。

○前期研修 14単位習得可能
09/06(日)-10/04(日) 大阪府医師会 連絡先:06-6763-7012
10/10(土)-10/12(月) 埼玉県医師会 連絡先:070-5079-4806(実地研修10単位も取得可)
12/05(土)-12/06(日) 北海道医師会 連絡先:011-231-1727

前期研修をやっているところは少なく、先に埋まってしまうと思いますので、ぜひ早めにご連絡していただき、予約することがオススメです。実地・後期研修については、「研修会情報一覧」をご参考にしていただき、単位取得していただければと思います。

なお、常勤の産業医として勤務をご希望であれば、早めに「エムスリーキャリア」や「リクルートドクターズキャリア」に登録してキャリアエージェントに相談しておくと求人先も見つかりやすいと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。